山本 雄一(やまもと ゆういち)

昭和10年~、所蔵点数9点
* 緋襷尺八大皿
緋襷尺八大皿

 人間国宝・山本陶秀の長男として生まれ、長年の研究の結果、自由に紋様が表現できる『緋紋・緋彩』の画期的な緋襷の人工化技法を完成させる。

 また、父・陶秀の優れたろくろ技術を継承し、繊細で格調高い作品が特徴である。

昭和42年 日本工芸会正会員となる。
昭和52年 金重陶陽賞を受賞。
昭和55年 岡山日日新聞文化賞を受賞。
昭和56年 岡山県文化奨励賞を受賞。
平成4年 山陽新聞社文化功労賃を受賞。
平成8年 岡山県重要無形文化財保侍者となる。

07002