郷土作家作品(4名)
加納美術館ブログ
レストランやまさや

加納 莞蕾(辰夫)(かのう かんらい)

明治37年~昭和52年、所蔵点数120点

 明治37年、広瀬町布部に生まれる。島根県師範学校中退後、本郷洋画研究所に学び、前田寛治、佐伯祐三などと交友しその影響を受ける。

 初め二科会に所属していたが、独立美術会発足にあたって二科会を脱退、これに参加し会友となった。

 一時小学校の教職にあたったが、昭和13年より約1年間京城師団指帝都付の従軍作家として中国に渡り、その後京城高等工業学校に勤める傍ら創作活動を行った。

 そして第2次大戦終戦により帰国後、フィリピン戦犯問題に取り組む。昭和32年頃から墨彩画・書に打ち込むようになった。

 安来市の美術愛好家グループ「五彩会」はこの人の墨彩画を集大成して画集「墨彩」を発刊した。孤高の野人的タイプの作家で若くしてフォービックなタッチと鮮烈な色彩で島根に独立美術協会系の洋画を根付かせた功績は大きい。

 晩年は病魔と闘いながら念願の戦犯釈放に成功すると共に墨彩画の世界に没頭した。莞蕾と号した。

09363