藤原  啓(ふじわら けい)

明治32年~昭和58年、所蔵点数30点
* 松竹梅透大徳利
松竹梅透大徳利

 鎌倉備前を追求しながら、おおらかな温かみのある作風の啓備前を確立。備前焼二人目の人間国宝になる。

大正10年 早稲田大学文学部入学
昭和16年 金重陶陽の指導を受ける。
昭和29年 岡山県重要無形文化財に指定される。
昭和33年 日本工芸会理事となる。
昭和44年 新宮殿に擂座壷を収める。
昭和45年 重要無形文化財保持者『人間国宝』に認定される。
昭和47年 勲四等旭日章を受ける。
昭和50年 迎賓館に備前花入れを収める。
昭和51年 備前市初の名誉市民となる。

11825