日本画(2名)
池田 遙邨(いけだ ようそん)
加納美術館ブログ
レストランやまさや

池田 遙邨(いけだ ようそん)

明治28年~昭和63年、所蔵点数35点
*山湖
山湖

明治28年倉敷市に生まれる。小野竹喬を頼って京都にで、竹内栖鳳に師事した。昭和11年に京都市立絵画専門学校の助教授になる。

作品は数々の賞を受け、昭和59年文化功労章、昭和62年に文化勲章を受ける。自然と旅を愛し、安藤広重の東海道の絵に心酔し、最も好きな画家と言ってはばからず、自らも東海道五十三次を3度も旅をする。

晩年は種田山頭火に傾倒し、山頭火の俳句をモチーフに画作を行い、山頭火の姿で旅をした。

明治28年 岡山県倉敷市に生まれる。
明治45年 松原三五郎に師事洋画を学ぶ。
大正 8年 小野竹喬を頼って京都にでる。
       竹内栖鳳の画塾竹杖会に入る
昭和11年 京都市立絵画専門学校助教授
昭和35年 日本芸衛院賞受賞
昭和51年 日本芸術院会員
昭和59年 文化功労者表彰
昭和62年 文化勲章受章

11620