展覧会のお知らせ
今こそ永遠 河井寬次郎 ~ふるさと安来への言伝~ 終了しました
加納美術館ブログ
所蔵品紹介音声ガイド

今こそ永遠 河井寬次郎 ~ふるさと安来への言伝~ 終了しました

ふるさと安来に伝わる作品とそこに込められた逸話を通し、安来の人々との交流や寬次郎のふるさとへの思いに迫り、また初期から晩年に至る優品を展示します。
今こそ永遠 河井寬次郎 ~ふるさと安来への言伝~ 終了しました

 

会期 平成28年10月29日(土)~12月4日(日)

    9:00~16:30(入館は16時まで)
        

 

 

<関連事業>


◇お茶室「如水庵」で一服

寬次郎のお弟子さんの作品でお茶をお楽しみいただきます。

日程  11月26日(土)、27日(日)、12月3日(土)、4日(日)

場所  茶室「如水庵」

    参加費 500円  申込不要  

今こそ永遠 河井寬次郎 ~ふるさと安来への言伝~ 終了しました

 

 

ギャラリートーク

     担当学芸員による作品解説

 期日 11月6日(日)・27日(日)

 時間 14:00~15:00

 

        

~展示作品一部紹介~

 

    今こそ永遠 河井寬次郎 ~ふるさと安来への言伝~ 「辰砂鳩香炉」大正11年頃

       河井寬次郎を支援し安来の民藝運動を推進した商家に伝わる香炉。

 

     今こそ永遠 河井寬次郎 ~ふるさと安来への言伝~ 「黒地三色打薬扁壺」昭和40年

       寬次郎・つね夫妻が昭和40年6月に母校の安来小学校

       (現:十神小学校)を訪れ、寄贈した作品。

 

    今こそ永遠 河井寬次郎 ~ふるさと安来への言伝~ 「黄釉耳付蛙菩薩図壺」大正11年頃

       寬次郎を支援した商家に伝わる壺。

       穏やかな黄釉の胴部に大きく手足を動かす蛙と

       正座して手を合わせ祈る菩薩像が描かれている。