展覧会のお知らせ
終了した展示会
加納美術館ブログ
所蔵品紹介音声ガイド

終了した展示会

前期:平成28年3月26日(土)~5月16日(月)
後期:平成28年5月21日(土)~7月11日(月)
会期:平成28年1月11日(月)~3月21日(月)
   時代を超えて常に人を感動させる永遠性と、時代の変化に応じて進展する新しさをもつ布志名焼。

   その美しさは現代人の心を揺さぶります。 
*オープニングセレモニー*  
 

   
4月2日(木) 午前10時~ 
  
   
   西田明史の長男・多聞氏をお招きし、セレモニー終了後、ギャラリートークを行います。
平安時代からの歴史をもつ備前焼、庶民の暮らしに馴染んできたという古備前の魅力を紹介します。
ホッコリと優しい おじいちゃんとおばあちゃん

    
  
  
   まるで日本の故郷のよう・・・

島根・松江の茶道の歴史に名を残した松平不昧公
没後200年を前にして、不昧公が好んだという出雲焼「楽山窯」の歴史と作品を紹介する。
新安来市発足10周年記念事業として和鋼博物館と共催。  
安来市加納美術館では 「米原雲海とその系譜展」と題し、雲海の師弟・同門の方々の作品を展示。
樂 長次郎から人間国宝などの名碗 50点 展示
展示期間  平成25年10月3日(木)~12月24日(火)
展示期間     平成25年10月3日(木)~11月25日(月)
平成25年5月30日(木)~平成25年9月30日(月)
中興の祖と称される、金重陶陽 と 桃山備前の精神を意識し常に挑戦し続ける安倍安人 
  
二人の作品を同時展示します。
今年、島根県では古事記1300年を記念して「神話博」が企画されています。

当館でも安来市出身作家 青戸慧 の水彩画 出雲神話の作品展を開催いたします。

平成24年1月11日(水)~平成24年6月28日(木)  
  
備前焼 人間国宝 山本陶秀の作品を展示。『ろくろの名人』と言われ、備前を代表する昭和の名工です。
樂焼・萩焼・唐津焼など各地の名窯、名工の茶碗の数々を展示いたします。
平成23年前期 1月11日(火)~6月28日(火)

備前焼一千年の歴史 ~鎌倉から現代まで~
・後期 7月1日(木)~12月24日(金)

藤原備前 土のかおり ~啓・雄の世界~
備前焼に新しい芸術感覚を盛り込み〝藤原備前〟を築いた啓・雄の作品を展示します。
2010年6月12日
平成22年前期 1月11日(月)~6月29日(火)
『碗』になごむ 名碗と備前焼茶道具

樂焼・萩焼・唐津焼・志野焼・大樋焼・備前焼など49点の茶碗を展示しています。
平成21年前期 1月11日(日)~6月29日(月)

釉薬の茶碗・茶道具・備前焼 人間国宝の作品、岡山県重要無形文化財保持者の作品・日本画 文化勲章受章者の作品などを展示中。
平成21年後期 7月1日(水)~12月24日(木)
備前焼中興の祖 金重陶陽特別展

金重陶陽の作家活動を大きく4期に分け、約74点展示しています。