金重 晃介(かねしげ こうすけ)

昭和18年~、 収蔵点数6点
*花器 聖衣
花器 聖衣

金重陶陽の三男。金重道明の弟。

伝統は尊重しながらも、伝統の重みと技法にとらわれることなく、土の特性を生かした独自の備前焼を発表、抽象花器を得意とする。

         

      

昭和43年   東京芸術大学美術学部彫刻科卒業
昭和57年   備前市香登に築窯
平成6年         日本陶磁協会賞受賞
平成23年   岡山県重要無形文化財保持者となる