安来市加納美術館について
公益財団法人 加納美術振興財団
加納美術館ブログ
所蔵品紹介音声ガイド

公益財団法人 加納美術振興財団

公益財団法人 加納美術振興財団 への移行にあたって

  加納美術振興財団は、平成8年 故加納溥基氏により郷里の発展を願って、生涯学習・文化活動の拠点となるよう建設された美術館が、平成14年 地元広瀬町(現安来市)に寄贈され、その管理運営のため設立されました。
 四季の美しい花々に囲まれた静かな環境のもと、地域の方々に支えられ芸術文化の発展に努めてまいりました。

 2012年 (平成24年) 4月1日、当財団は公益財団法人 加納美術振興財団として新たな出発をしました。今後は、一層公益に資する事業に取り組みながら、地域に根ざした芸術文化の発展に寄与し、ご来館いただくお客様への更なるサービス向上に努めてまいる所存でございます。

 何卒、今後とも当財団の活動にご支援ご鞭撻を賜りますよう、宜しくお願い申し上げます。

平成24年4月吉日

公益財団法人 加納美術振興財団

理事長 加納 二郎

                                                         

                                                             

                                                       

                                                            

                                                     

 【加納美術館と当財団の歩み】

     平成8年       美術館建設工事完了
     平成9年       加納美術館として開館
     平成14年      広瀬町(現:安来市)に寄贈
                  美術館運営のため、財団法人加納美術振興財団を設立
     平成17年      市町村合併に伴い、安来市より 「指定管理事業者」 に指名される
     平成24年4月    公益財団法人 加納美術振興財団へ移行