安来市加納美術館について
個人情報の保護について
加納美術館ブログ
所蔵品紹介音声ガイド

個人情報の保護について

皆様からお預かりした個人情報は適切に管理いたします。
趣旨

公益財団法人加納美術振興財団 加納美術館(以下「当財団」という。)では個人情報保護の重要性を認識し、当財団管理各ホームページやインターネット・メール等から収集した個人情報(以下「個人情報」という。)の適切な管理、保護の徹底を期するため、この方針を定めた。

個人情報の収集、
利用及び提供

 当財団は、お客様からご提供いただいた個人情報は、お客様との連絡のために利用させていただくほかに、当財団のサービスを提供するにあたって必要な範囲内でのみ個人情報を利用します。

 また、事前に本人の同意を得た場合を除き、個人情報の第三者への提供はいたしません。

 ただし裁判所、警察等権限を有する機関からの合法的な要請等がある場合は、本人の同意なくして情報の提供に応ずる場合があります。

個人情報の廃棄

不要となった個人情報データは、速やかに、適正な方法で廃棄します。

個人情報の
適正な管理

 個人情報を適正に管理し、不正利用、紛失、改ざん、漏洩等を防止するため、当財団の職員、担当者及び外注取引先(以下「職員等」という。)に対する遵守事項を次のとおり定め、その徹底を図ります。

職員等の遵守事項
  • 職員等は、当財団に係る個人情報を不正に利用し、又は他人に不正に提供してはならない。
  • 職員等は、個人情報に掛かる入力資料、出力資料又は電磁気的記録媒体(以下「入力資料等」という。)を適正に管理しなければならない。
  • 職員等は、入力資料等を他人に不正に交付し、又は遺棄し、若しくはき損してはならない。
  • 職員等は、入力資料等を廃棄するときは、裁断、データの消去その他の方法により情報を復元できないように措置しなければならない。
  • 職員等は、自己のパスワードを他人に知らせてはならない。
  • 職員等は、パスワードを他人に使用されることがないように管理しなければならない。
  • 職員等は、当財団の活動目的以外の目的で当社が運用するネットワークシステムを利用してはならない。
  • 職員等は、コンピューターウイルスの侵入及び拡散の防止に配意しなければならない。
セキュリティー対策

 当財団が構築するネットワークシステムは、常に安全なネットワーク環境で使用されるよう、SSLと呼ばれる特殊暗号通信技術を用い、また、Firewallというセキュリティーシステムで保護された専用のサーバで管理します。

本方針の見直し

 常に個人情報保護及び情報セキュリティー等に関する知識の研鑽に努め、必要に応じて本方針内容を見直し、内容更新を行います。

お問い合わせに
対する対応

 皆様から寄せられる個人情報保護に関するご意見、ご質問等に対しては、対応窓口を明確にし、誠実に対応します。

お問い合せ先窓口
名称 公益財団法人 加納美術振興財団
加納美術館
担当者 理事長 加納二郎
所在地 〒692-0623
島根県安来市広瀬町布部345-27
電話 0854-36-0880
FAX 0854-36-0881
平成21年4月1日制定
公益財団法人 加納美術振興財団
理事長 加納二郎